shonen.hateblo.jp

やったこと,しらべたことを書く.

Android Emulator のコーデックがオーディオコーデックしか無い

無いのかな。

概要

Android API16 以降には android.media.MediaCodec というクラスが居る。
ローレベルなコーデックにアクセスするためのインターフェースで、 ffmpegとかの特別なライブラリを必要とせず動画を展開・圧縮できる。

使い方は書かない。というか、勉強中なので書けない。

問題

以下のコードで、コーデック一覧を取得できる。

    private void hoge() {
        MediaCodecList mcl = new MediaCodecList(MediaCodecList.ALL_CODECS);

        for (MediaCodecInfo mci : mcl.getCodecInfos()) {
            Log.d(TAG, mci.getName());
            for (String type : mci.getSupportedTypes()) {
                Log.d(TAG, mci.getName() + " supports " + type);
            }
        }

    }
続きを読む

Siv3D で自動操縦AIを作成してみた

はじめに

本記事は、Siv3D Advent Calendar 2019 の 15 日目です。

Siv3D を触ってみたので、感想とか、こう実装してみた、という話を書きます。

本当は機械学習導入したかったんですけどね…

もの

ソースはここ

github.com

面倒くさくなって実装も全部ヘッダに書いてます

TL;DR

ゲームよりもゲームの仕組みを作って遊びたいC++17使いにとって Siv3D は超強力

続きを読む

RaspberryPi zero のMACアドレスがランダムになっていたので戻した

現象

リブートする度に、MACアドレスが変わってしまう。

これでは、ラズパイ先生に固定IPを供給出来ない。

原因

network-manager をインストールした。(元からインストールされていたかもしれないけれど。)

NetworkManager には MAC アドレスのランダム化の設定項目があり、デフォルトで有効になっている。

解決策

アンインストールすれば解決できるかもしれないけれど、まあまあ便利なツールなので、妥当な解決策では無い。

以下を /etc/NetworkManager/NetworkManager.conf に追記することで、MAC アドレスのランダム化を無効化できる。

[device]
wifi.scan-rand-mac-address=no

参考

archlinuxのサイトだけれど、NetworkManagerの設定はこちらを参照した。

wiki.archlinux.jp


ここに至るまでに参照したサイトとか。

ランダム化とは関係無かった。固有のMACアドレスの割り振られ方。

boysenberrypi.hatenadiary.jp

g_ether も g_cdc も関係無かった。ドライバかな。

www.raspberrypi.org

matoken.org

MAC アドレス偽装。色々な方法があるんですね。

wiki.archlinux.jp

Linux版OpenSiv3dプロジェクト作成メモ

環境

Ubuntu 19.04

でもArchLinuxの方が導入楽そうな気がしました。

前提

リポジトリはclone済み。

公式のreadme.mdを読んで、一通りビルドして、OpenSiv3D/Linux/Release/libSiv3D.a がある。

やりかた(事前準備なしで)

カレントディレクトリは、今から作業しようと思っているプロジェクトディレクトリとします。

環境変数を定義しておきます。/path/to/opensiv3drepositoryroot は、 opensiv3d の repository のルートディレクトリで、直下にLICENSEや、README.mdがある場所です。

export SIV3D_PATH=/path/to/opensiv3drepositoryroot

以下のファイル・ディレクトリをコピーします。

  • $SIV3D_PATH/Linux/App/CMakeLists.txt
  • $SIV3D_PATH/Linux/App/resources
  • $SIV3D_PATH/Linux/App/Main.cpp

CMakeLists.txt に以下のパッチを当てます。

@@ -26,8 +26,8 @@
 include_directories(
    "/usr/include"
 
-  "../../Siv3D/include"
-  "../../Siv3D/include/ThirdParty"
+   "$ENV{SIV3D_PATH}/Siv3D/include"
+   "$ENV{SIV3D_PATH}/Siv3D/include/ThirdParty"
 )
 
 set(SOURCE_FILES
@@ -61,6 +61,6 @@
    -lvorbisfile
    -lboost_filesystem
 
-  ${PROJECT_SOURCE_DIR}/../Build/libSiv3D.a
+   $ENV{SIV3D_PATH}/Linux/Release/libSiv3D.a
 )

ビルドします。

cmake .
make

hello world!

./Siv3D_App

やりかた(事前準備ありでもっとお手軽に)

事前準備

bashrcに環境変数を書き込んでおきます。

echo 'export SIV3D_PATH=/path/to/opensiv3drepositoryroot' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

スクリプトを作っておきます。~/make_siv3dproj.sh とします。

#!/bin/sh

cp $SIV3D_PATH/Linux/App/CMakeLists.txt ./
cp $SIV3D_PATH/Linux/App/resources ./ -r
cp $SIV3D_PATH/Linux/App/Main.cpp ./

patch CMakeLists.txt <<EOL
@@ -26,8 +26,8 @@
 include_directories(
        "/usr/include"
 
-       "../../Siv3D/include"
-       "../../Siv3D/include/ThirdParty"
+       "\$ENV{SIV3D_PATH}/Siv3D/include"
+       "\$ENV{SIV3D_PATH}/Siv3D/include/ThirdParty"
 )
 
 set(SOURCE_FILES
@@ -61,6 +61,6 @@
        -lvorbisfile
        -lboost_filesystem
 
-       \${PROJECT_SOURCE_DIR}/../Build/libSiv3D.a
+       \$ENV{SIV3D_PATH}/Linux/Release/libSiv3D.a
 )
 
EOL

cmake .

お手軽な方法

わずか3ステップ

cd your/nice/project
sh ~/make_siv3dproj.sh
make
./Siv3D_App

Github Actions を nodejs(npm) の repository で試してみた。

Github Actions とは?

ソフトウェアの品質を担保するために、定期的にビルドを行ったり、git push する前に自動的に単体テストを実行したりする 環境を整えている開発チームは少なくないと思います。

こういう環境はローカルに構築することは出来なくは無いのですが、複数人で開発しているとか、 repositoryが外部(Github)にあるとかだと、常時起動するサーバを準備して、jenkins等のCIツールを構築するのが一般的ではないでしょうか。

Github の Pull Request と連動したい場合は、Github の Webhook が便利ですが、Github から jenkins に POST できるよう、 サーバを公開しなければなりません。 趣味でさくらVPSを持っている人ならともかく、CI環境を構築するためだけにサーバを買ったり、 jenkinsをインストールしたりするのはオーバーキル感があります。

Github Actions は、上記に挙げた例をすべてGithub側で行うことが出来ます。 しかも公開repositoryなら無料で出来ます。つよい

現状

記事を書いている時点でBeta版であり、申請のようなものが必要で(といっても個人情報を入力するようなことは無いです)、 今すぐに利用開始は出来ません。

続きを読む